住宅ローンの審査と控除

banner

破綻をしてしまった場合


住宅を購入する時に住宅ローンを利用することになるのですが、実は最近ではこの住宅ローンの支払いができない状態になってしまい破綻をしてしまいます。
最近ではリストラそして事故や病気をしてしまって収入がなくなってしまい、破綻をしてしまうんです。
あまり破綻のことは考えたくないかもしれないのですが、万が一の場合のために破綻をしてしまった場合はどのようになってしまうのかを把握しておくのが重要です。
破綻をしてしまった場合はどのようになってしまうのかというと、まずは今までは金融機関に支払いをしていたのですが、それが保証会社に債権者が以降するようになっています。
債権者が以降をしたとしても支払いをするそして催促されてしまうのは変わりがないのですが、しかし半年以上の支払いが遅れてしまいますと今度は住宅を売る競売になってしまいます。
競売になってしまいますと、とても安い価格で住宅を売るようになってしまいますので、住宅を売ったとしてもローンが残ってしまいますのでかなり不利の状態になってしまいます。
そして状況によっては支払いをするのがかなり難しくなってしまいますので最悪の場合は自己破産をすることになってしまうんです。
そうなってしまいますと非常に辛い状態へとなってしまうのですが、しかし状況によっては自己破産をしないととても大変ですので信用情報が傷ついてしまったとしても仕方がありません。
このように破綻をしてしまうととても辛いですので破綻をしないようにするためにも、住宅ローン借り換えシミュレーションは無理のない支払いをする事ができるようにしておくのが重要になります。

なぜオーバーローンをしてしまうのか


住宅ローンをしている人はとても多くなっているのですが、この住宅ローンがオーバーローンになってしまっている人はかなり多くいらっしゃいます。
このオーバーローンはどのようなことを言われているのかというと、オーバーローンは不動産の譲渡価額よりも住宅ローンの方が高くなってしまっていることを言われています。
実はオーバーローンをしていたとしても、普通に住宅ローンの支払いが出来て、そして不動産を売らないのなら全く問題がないのですが、しかし不動産を売るとなるとかなりの問題になってしまいます。
オーバーローンはどのような問題になってしまうのかというと、もし不動産を売るとなった時に、譲渡価額がローンよりも少なくなっているので売ったとしてもローンが残ってしまいます。
ローンが残ってしまいますと、不動産を手放したとしてもローンがありますので、所有していない不動産のローンの支払いをしていかなければいけなくなります。
ですので状況はとても辛い状態になってしまいますので、オーバーローンは手放すときにとても辛い状態になってしまいます。
なぜオーバーローンをしてしまうのかというと、オーバーローンは頭金が少なくて多くローンをしてしまっているからです。
ですので出来るだけオーバーローンをしたくないのなら、まずは住宅を購入する際に頭金を出来るだけ多くするようにしてそれから住宅ローンをするのが必要としています。
もしオーバーローンになってしまっているのなら出来るだけ不動産を売ろうと考えるのではなくて、出来るだけ所有できるようにしておくのも必要です。

http://allabout.co.jp/ch_mortgage/
[住宅ローン] All About|シミュレーションや、金利タイプの選び方
Copyright(c) 2013 住宅ローンの審査と控除 All Rights Reserved.